粉体塗装とは

酸化鉄皮膜の処理をした後、粉末状の塗料を帯電させ被塗物を塗装する手法で、コロナ帯電を採用しています。塗料の材質を選ばない上、環境にやさしいのが特徴です。

粉体塗装

粉体塗装処理をすることによって、見た目が美しくなるのはもちろん、耐久性が増します。その際、単に塗装するのではなく、内部より腐食が進むことを避けるための処理をしてあります。

 

粉体塗装前後

粉体塗装の特徴

高品質

粉体塗装による完成塗膜は、塗料に使用される高分子樹脂の特性により高膜厚で優れた塗膜強度、耐化学薬品性、耐食性、耐候性を保持しています。 また、防錆性があることより、道路のガードレールや水道資材、建設資材、街灯ポールなどの過酷な環境用に広く用いられています。

粉体塗装高品質

環境対策

粉体塗装は有機溶剤を全く使用しないため、塗装作業時における大気汚染、火災、中毒などの危険性が大幅に減少します。

粉体塗装環境対策

資源の効率化

粉体塗装は有機溶剤を全く使用しないことで、必要以上に塗料の回収再利用が可能となるため塗料のロスが激減します。

粉体塗装資源の効率化

作業効率の向上性

静電塗装機の塗料吐出量が大きいので、一般溶剤型塗料に比較して3~5倍の塗装能力があり、作業効率が高い上に、ラインを小型化することで可能です。

粉体塗装作業効率の向上性

酸化鉄皮膜の効果

粉体塗装前に必ず処理するリン酸鉄処理は、塗膜の密着性を高まることによる剥離防止に加え、傷による錆拡散防止効果があります。またミクロンレベルで素材表面に均一な膜をつくるので、塗装した際の仕上がりが美しくなります。

酸化鉄皮膜

リン酸鉄処理をすると、化学変化がおこり、表面が明るいグレーに変わります。

粉体塗装に適している製品

エクステリア

エクステリア

自転車

自転車

車椅子

車椅子

大型機械

大型機械

ダクト

ダクト

標識(ポール)

標識(ポール)

制作実績

ハンドガンを使用した粉体塗装法は、複雑な形状に対しても、高レベルな品質を確保することが可能です。
(写真は、株式会社スギノマシンさま セルフセンダ)
スギノマシン セルフセンダ

粉体塗装以外の手法

焼付塗装

焼付塗料をシンナーで薄めたものを使用します。色の再現性が高い手法です。コストが安い上に小ロットに対応できます。

ウレタン塗装

硬化剤を用いた塗装法で、性能が高い手法です。長尺、重量物との相性がよいです。

特殊塗装

模様塗装として、ハンマートーン塗装、ちぢみ、メタリック塗装も取り扱っています。
特殊塗装

出張塗装

工業用塗装の出張をおこなっています。