ごあいさつ

当社は、平成20年リーマンショックの時に産声を上げました。設立当初はモノ作りの低迷時で受注量も少なく不安な日々を過ごしましたが、品質と納期を重視しながら工場を稼動させている内に、景気の回復とともに受注量も増え、従業員数、設備等を拡充しながら現在に至っております。

仕事に関しましては第一線に立ち「段取り七割」を基本に、滞りなくラインが進むよう、手配を取っております。

会社を立ち上げる28年前から工業塗装に携わっており、その間に構築されたノウハウは貴重な財産と思っています。工場設立の際には経験を踏まえ、効率性を高めた工場設計といたしました。平成26年には、滑川市小林から同柳原と本社機能を移すと共に、2工場の稼動により、受け入れ態勢を強化いたしました。また、本社は、町工場というイメージを変え、カフェ風の作りにいたしました。業界の汚いイメージを払拭したかったのと、積極的に提案のできる塗装屋へと変わりたかったためです。お近くに寄られた際にはお越しください。

今後とも、株式会社ミネ塗装をご愛顧賜りますようよろしく申し上げます。

代表取締役 峰 一幸

峰 一幸